« 燕のいる駅③ | Main | 何してた? »

10/20/2005

燕のいる駅④

やっぱりね、このブログ。
真面目(③)だけじゃ終わらないんですよ(え)。
ってことで、

【燕のいる駅ミーハー視点祭】開催(何だそれ)。

何回か観劇するうちに感激ポイントは勿論のこと、ミーハー視点ポイントも見つかるわけじゃないですか?(←誰に聞いてんの!)
ということで、ミーハー視点の感想です。意味不明+ちょっと変。変はいつものことなんだけど。いつもより3割増かな。フフフ(怪)♪
あ。無論、相葉ちゃん目線です(爆)。

これも、一応隠しておこう(笑)↓

暗がりからベンチを金槌で叩きつつ現れる相葉ちゃん。
もう、この時点で『か、カワイイ~♡』と思った私は重症ですか。
なんか真面目感想にも書いちゃったんですが、
「よぉ~し!」
と金槌たたきを終える(?)相葉ちゃんが本気でカワイイの。
よぉ~し!の前に「ふぃ~っ」って言ってる時があったんだけど、思わずDの嵐!巨大雪だるまに挑戦の回を思い出しました(笑)。あのヒトコトで相葉ちゃんと高島君が強烈に結びついたような・・・。
で、榊原さんとのベンチ合戦時の
「ちょっと、どいて!!」
も、ヤバかったですねぇ。あの言い方♡
えー。退こうかなー?どうしようかなー?って思わせてくれる言い方ですね。フフフ(←キモイ)。もう、冒頭からこんなポイント満載ですよ。
ちょっとしたポイントも押えて行っちゃうと、ストーリー全部追っちゃうことになると思うんで(笑)、最大の萌えどころポイントを5つに絞ります(最大なのに5つもあるんだ(爆))!

①榊原さんを誘えない高島君。
「隣の駅の駅長さんの娘と結婚を勧められた」と言った高島君にヤキモチを妬いた榊原さん。ちょっと拗ねた榊原さんに、どう声を掛けようか考えてるんだけど。
改札の駅員BOX(っていうのか?切符確認するとこ)に手を掛けて、モジモジというかグルグルしてる相葉ちゃんがカッ・・・_| ̄|○///(←カワイイと言いたい)。あれを一般男子がしたら「何やっとんじゃろ?」って思うこと間違いなしですが、相葉ちゃんなら大歓迎ですよ。

②パンダ雲発見の高島君。
発見時というか、発見も含めた前後がとにかくいいのです。照れた高島君が電車も来てないのにホームに立って「よーし!」「よーし!」って感じで指差し確認してるのです。指差し確認と言えば、夏コンの”あの人”を思い出しますが、相葉ちゃんもある意味負けちゃぁいませんでしたよ(笑)。で、パンダ雲発見!榊原さんに「ちょっ・・・見て!!」って強要する言い方。二人でパンダ雲を見てハイタッチするとこ。もう、少年のようですよ。純真ですよ。アジアですよ(違)。

③お客さんに接する高島君。
お客さんに喋る時、手を後ろにやって、手をパッと開いてるんですよ。上手く説明できないけど、応援団の人たちがよくやってる手です。後ろに手を重ねて待機!!みたいな(?)。あれで「はいっ」と喋る様子が素敵なの。あと、赤バッチの貴婦人に「電車が来ない!」って怒られて謝る時もその手で、「すみませんっ」って言ってて、丁寧で生真面目そうな高島君だなぁと思ったの。もう、あの後ろ手最高ですよ。うん。

④榊原さんに謝る高島君。
自分が「サービスしますから」って言ったせいで、売店の売り物を無料でサービスしなくちゃならなくなった時、「ホント、ごめんな」って言うんだけど、あんな謝られ方したら何だって許しますよ。そのときの「ううん」って言う榊原さんも相当好きなんだけど、あの「ホント、ごめんな」には無条件降伏するしかありません。あの言い方が部活の先輩って感じで「ホント、ごめんな(お茶汲みさせちゃって)」「ホント、ごめんな(今度何か奢るから)」的シチュエーションを後から想像できるほど、さわやかな「ゴメン」の顔なのよ。意味分かんないだろうけど。言ってる私も何言ってんだかって感じだけど、とにかくお気に入りです。「ホント、ごめんな」。

⑤二郎ちゃんと歌遊びする高島君。
これナシでは、『燕のいる駅(萌えポイント)』は語れませんよ(笑)。空は広い→広いは運動場→運動場は遊ぶ→遊ぶは赤ちゃん・・・・って続いていきますが。『赤ちゃん』って言う時の行動がっ(≧▽≦)!!!親指くわえる真似してます(笑)。千秋楽(だったかな?)で二郎ちゃんから「『赤ちゃん』って・・・」って感じでからかわれて真似されるんだけど、そこで「なんだよ~!」って感じで照れてる相葉ちゃんが相当かわいい----(゜∀゜)-----!「空は広い♪」って踊りだすところも「これでもかっ!」って感じで元気いっぱいなのよね。見てるとホント、元気になったわ~。
歌遊び後にも、心理テストのところで”鬼ヶ島”に行く設定で2人で遊んじゃうところがあるんだけど、金棒のことを二人で「イボイボイボイボ」って表現してるに笑えた(笑)。ものすごく楽しそうにしてたなぁ。その”鬼ヶ島”のくだりを締めるところで、二郎ちゃんの真似をするんだけど、二郎ちゃんが毎回毎回終わり方を変えるらしくて、一生懸命ついていこうとするのが面白くてかわいかった。


ふぅ・・・。
他にもポイントはいっぱいあるけど、最大だったのはこの5つかなぁ。後々思い出して「あ~!あっちの方が(>_<)!」って事もあるかもしれませんが、とりあえず現時点でのミーハー視点祭りはここらで終了。
真面目感想は書くことを頭の中でまとめたりしたからちょっと時間掛かったけど、ミーハー祭りは早い早い(笑)。めっちゃすぐ書けた。まとめもせずに、”きゃー♡(≧▽≦)”ポイント書いただけだからな(爆)。はぁー楽しかった♡

|

« 燕のいる駅③ | Main | 何してた? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96426/6487189

Listed below are links to weblogs that reference 燕のいる駅④:

« 燕のいる駅③ | Main | 何してた? »