« あやしい女 | Main | お疲れ様とありがとう。 »

08/23/2005

あやしい女2

みえさんより、会社後イタピーと共に広島精算(交通費とかをみんなでワリカンするのです。広島までが超格安でとってもお得!)を兼ねて、月後半発売のアイドル2誌を捕獲しに行こうとお誘いを受けまして、喜び勇んで行くことに決定(笑)!
午前中にそのメールを受け取るまで、発売日ということを忘れていたんですが、お昼にコンビニの雑誌コーナーにフラッと足を向けると、キラキラした笑顔のかっこかわいいスーパーアイドル5人組がM誌の表紙を飾っておりまして(*^-^*)
お昼のコンビニという人だかりの海だということも忘れて、ひとりニマニマしておりました(笑)が、ガッチリとナイロン袋でガードされていたため内容は確認できず(チッ)。
お昼は23日公演の時間と共に脳コンしながら(爆)仕事をこなし、定時きっかりに仕事を終え、待ち合わせ場所へ♪
個人的な買い物にお付き合いいただいて、ちょっぴりお茶をしました。ケーキを食べながらの嵐さん談義はホント面白かった。みえさんは嵐さんに関する引き出しが多すぎて、初心者ファンなイタピーと私にとって目から鱗なお話がいっぱいです(私信:いつもありがとうございます!また行きましょうね♪)。
その後無事アイドル2誌をゲット。お店でちょっとだけページをめくると素敵過ぎるお顔が見えて、みえさん・イタピーと別れたあと、速攻家路に着きました(爆)。
そして家に着いて、ちょっぴり24日のチケットないかなぁと、インターネットを見て悪あがき(笑)。やっぱり見つかりませんでしたが、広島でイイ終わり方をしたので、結果的には悔いはナシです!!福岡で終わってたら、きっと悔いだらけだったと思いますが(苦笑)。
そんなこんなで、明日はオーラス!!
行かれる方は存分に楽しんでください!そして、様子など教えていただけたら嬉しいです♪お待ちしています☆

★ARASHI DISCOVERY★
ミリオンセラーのお話。
『A・RA・SHI』にてミリオンセラー達成した嵐さんですが、やっぱり最初は心配でしょうがなかたみたいです。そりゃそうですよね?
いきなり「レコーディング手伝って」→「大野ソロあり」→「ハワイでデビュー」ですもんね・・・。結成当初の嵐さんのコトは全く覚えてませんが(興味がなかった私を恨みます)、きっと不安だったんだろうなぁ・・・。今になって当時の映像を見る機会に恵まれますが、不安が如実に表れてる気がしますしね・・・。
大ちゃん、何回も録り直して歌ったそうで、だからミリオンセラーになったことがすごく嬉しかったと語っていました。頑張ったね!大ちゃん!!と思うと、ちょっとウルウルきてしまったり;(私的オーラスも終了という事実も重なって)。
今回のアルバムも、かなり気持ちを入れて歌ったということで(もちろん、ファンはみんな感じていただろうけど!)、ますますスルメ的にじっくり噛み締めながら聞こうと思いました♪
ところで、嵐さんのミリオンセラーは今のトコ『A・RA・SHI』だけだということなんですが(ですよね?)、すごいイイ曲たくさんあるのにね?もっと色んな人に色んな場面で聴いてほしいなぁ。
まず手始めに、来々クールのドラマの主題歌なんかどうですか?えぇ。もちろんメンバーの誰か主演で(キッパリ)。
どこぞのプロデューサー様、よろしくお願いします(いきなり下手)♪

★ゲームニッキ★
ありゃりゃ。携帯忘れちゃったのね(^-^;)
でも、ほぼ毎日更新を身上に頑張ってるだけあって、前夜に書いたニッキがあろうと、ちゃんと更新したニノは偉いぞ!!やっぱりJ-WEBの『ゲームニッキ』のところが”UP!”になってると嬉しいもん。
毎日毎日色んなことに忙しくってもちゃんと更新してくれてるニノに大感謝だよ。ありがとね。しかも、「ま、いっか」とかじゃなくて、一応取りに帰るとか、そういう考えをしてるのにビックリ。ニノの生活の一部になってるんだろうね。まぁ、私の生活の一部にもなっているんですけどもね(笑)
携帯忘れたってことをニッキに書いたってことは、誰かの携帯を借りて書いたってことかなー?ということは、8/22の夜に書いたニッキはお蔵入りってコトなのか。幻のニッキとしていつか見たいもんです。

|

« あやしい女 | Main | お疲れ様とありがとう。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96426/5613116

Listed below are links to weblogs that reference あやしい女2:

« あやしい女 | Main | お疲れ様とありがとう。 »